4社のインターネット開通工事費を比較してみた

シェアする

monkey_wrench

工事費とは、インターネットを開通させるために必要な費用です。

戸建て、つまり一軒家ならば工事費が必要になることもありますが、今日日マンションなどの集合住宅ではすでに工事だけ済ませているところが多いです。

あとは勝手に契約して使ってねってスタンスが多いんです。

気になる方は最寄の管理人に確認してみましょう。
もしかしたら無料でネットが使えるかもしれません!

そして万が一工事が必要な場合は、時期やタイミング、契約する会社によって費用の額が変わります。

今回はその費用を会社別に紹介していきます。

スポンサードリンク

フレッツ 光ネクスト

光ファイバーケーブルの引き込みから光コンセントの設置まで。

ルーターの設置とパソコンの設定は自分で行います。

屋内配線の工程がある場合 18,000円
[税込:19,440円(初回3,240円、2回目以降540円/月×30回)]
屋内配線の工程がない場合 7,600円
[税込:8,208円(初回3,240円、2回目以降165円/月×29回、最終回183円)]

上記はあくまでも基本的な工事費です。

お住まいの環境などにより費用が前後しますので、詳細は下記よりご確認ください。

お住まいが東日本ならこちら⇒開通工事やプラン変更の費用について
お住まいが西日本ならこちら⇒「フレッツ光」 初期費用(契約料・工事費)について


SoftBank 光

契約事務手数料とは別に必要なのが下記費用です。

こちらも住まいの状況によって費用が変動します。

初回費用+工事費用
派遣工事あり
(既設設備・光コンセントなし)
24,000円

初回請求3,000円

+875円×24回

派遣工事あり
(既設設備・光コンセントあり)
9,600円

初回請求3,000円

+275円×24回

派遣工事なし 2,000円

(初回一括)

SoftBank 光(光回線) 料金


auひかり

auひかりは初期費用相当額割引として割引を行っています。

割引前なら下記費用が必要ですが、割引が適応されるとホームもマンションも0円になるようです。

初期費用(工事費含む)

auひかり ホーム

1250円×30ヶ月
auひかり マンション 1250円×24ヶ月

初期費用相当額割引詳細


ドコモ光

ドコモ光だと下記です。

初期費用 工事料(代表的な場合)
戸建:18,000円 マンション:15,000円

料金プラン | ドコモ光 | NTTドコモ

スポンサーリンク

シェアする

この記事がお役に立ちましたら共有をお願いします

スポンサーリンク