【Windows】学校や会社で使える便利な7つのショートカットキー

シェアする

a0002_008085

Windowsはキーボードを使って作業すると便利な機能がいろいろあります。
が、多分殆ど知られていないんじゃかな、と思います。

なので今回は、会社や学校で使える便利なショートカットキーを紹介していきます。

スポンサードリンク




Windowsキーを使いこなそう!

便利なショートカットキーの代表的なものは「Windowsキー(左下にある旗のマークが書かれたキーです)」と組み合わせたものです。

7つの便利なショートカットキー

1)「Windows」+「E」

エクスプローラーが立ち上がります。

2)「Windows」+「L」

画面がロックされます(ロック画面が表示されます)。

3)「Windows」+「R」

「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが立ち上がります。

4)「Windows」+「↑」

一番上のウィンドウが最大化表示になります。

5)「Windows」+「↓」

一番上のウィンドウが標準サイズ表示になります。

6)「Windows」+「←」

一番上のウィンドウが画面の左半分に表示されるようになります。

7)「Windows」+「→」

一番上のウィンドウが画面の右半分に表示されるようになります。

「Windows」+「←」/「→」は結構使えます。

タスクバーを右クリックして「ウィンドウを左右に並べて表示」を使おうとすると複数ウィンドウを開いているとうまくできないことが有りますが、「←」「→」を使うと表示したいウィンドウだけ選択できるので、快適に作業できます。

最近はマウスなりタッチパネルを使うことが多く、キーボードは殆ど使われていない状況ですが、ものを書きながら(タイピングしながら)作業する場合、キーボードのショートカットを使ったほうが早いこともたくさんあります。そういった時に使ってみるのはどうでしょうか。

あとはショートカットではありませんが、画面の右下にマウスカーソルを持って行ってクリックすると、画面上に表示されているすべてのウィンドウが最小化されます(終了されはしません)。ウィンドウを開きすぎて何を表示しているかわからなくなった時は使えます。

おすすめ書籍

スポンサーリンク