外出するなら買っておけ!持ち運びが便利な9つのおすすめBluetoothキーボード

シェアする

パソコンだけでなくスマートフォンやiphone、PS4などの様々な機器で大活躍しているBluetoothキーボード。

いろいろなメーカーから発売されていますが、どれが良いのかわからないですよね。

なので今回は、いっぱいあるBluetoothキーボードの中でも、特にユーザーから人気が高いキーボードを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

折りたたむ

マイクロソフト GU5-00014

マイクロソフト 薄型キーボード Bluetooth対応/ワイヤレス/折りたたみ Windows/Androidタブレット/iPad, iPhone対応 Universal Foldable Keyboard GU5-00014

こちらはMicrosoftから出ている折りたためて持ち運びができるBluetoothのキーボードです。
iPadなどに接続して使えるので、カフェや電車内などの狭いスペースでの利用に最適です。
折りたたみを広げると直ぐに電源が入り利用できますし、Bluetoothの接続も安定して使えますのでおすすめです。

小さく持ち運びが出来るにもかかわらず、フルサイズですし、デザインもシンプルでお洒落なのが魅力です。少し値段ははりますが、この商品は買いの一品です。

iClever IC-BK06

iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式 レザー調 折れない 360度回転 ワイヤレスキーボード USB 薄型 IOS / Android / Windows に対応 ( ブラック ) IC-BK06

Bluetoothキーボードは外に持ち運んで使うことが多いですよね。

ほかのキーボードでコンパクトと謳っているものもいいですが、キーボードとなるとコンパクトなものでもかさんでしまうことが多いため、バックの中をキーボードのみで占領してしまうことが多いです。

そこで見つけたのがこの商品です。

これなら折りたたむことができるため、キーボードの大きさは普段と同じで、収納性がみアップするのでとても魅力的だといえます。

折りたたまない

バッファロー BSKBB24BK

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK

まず特徴的なのが、超薄型であること。
電池部分を除けば薄い板状で、持ち運びにも収納にも便利です。
小型ながらもキーピッチは充分確保されており、パンタグラフ式のキータッチは快適。

電源は単4電池2本で、約1年間使用できる長寿命を謳っています。
充電池を内蔵したより薄型の機種と比較すると電池部分が目につきますが、単4電池には入手が容易で交換可能というメリットもあります。
電池が切れても交換すればすぐに使用を再開できますし、バッテリーの劣化を気にする必要もありません。

さらに接続はBluetooth3.0。
PC・Android・iOS、いずれの端末でも利用できるので、1台持っていると色々と使いまわせて便利です。

ただし、一部のキー配列が特殊な点は残念です。
特に右Shiftキーが無いのは、これを多用する方には致命的かもしれません。

ロジクール K810

LOGICOOL Bluetooth イルミネートキーボード K810

自分自身キーボードの入力に慣れていないため、常にキーボードの文字を見ながら入力しています。しかし、それだと部屋の明るさによってキーボードの文字が見づらくなるんですよね。

それが嫌で、どんな状況でも見やすいキーボードを探していたときに、このキーボードを見つけました。

このキーボードには部屋の明るさによってキーボードの明るさも自動的に調整される機能が搭載されており、キーボードの明るさが自動的に変わるため、文字が見えづらくなることがありません。

明るさ自動調節機能により常にキーボードの文字が見やすいので、タイピングに慣れていない人にオススメです。

Ewin EW-RB05

 Ewin® ミニ bluetooth キーボード Mini Bluetooth keyboard タッチパッド搭載 ワイヤレス 小型 キーボード マウス 一体型 無線 USB レシーバー バックライト付き 使用便利 【日本語説明書と一年の保証付き】ブラック

このキーボードの最大の魅力はポケットの中に収納できるということです。

ほかにも小さなキーボードはたくさん発売されていますが、バックの中には入っても、ポケットの中には収納できないということが多かったです。

このキーボードは、大きめのポケットならほぼ間違えなく入るため、いつでもすぐにキーボードを取り出したいという人にはとにかくおすすめです。

またこれほど小さいのにBluetoothを搭載しており、性能面でも期待できる商品となっています。

Libra LBR-BTK1

Libra LBR-BTK1(Blutoothキーボード・iPhoneにもiPadにもPS3にも対応

iphone・iPadでも使えるBluetoothキーボードです。

MacBookのようなシルバーが基調のシンプルでオシャレなキーボードなので、外で作業していても恥ずかしくありません。Macにも合うスタイリッシュなデザインです。

接続も簡単にでき、電池があればすぐ使うことができます。大きさは30センチほどなので使用するのに場所をとらないのは素敵ですね。

さらに、とても軽く、鞄に入れていても全く苦にならないので、持ち運びにも便利だと思います。外出先で長文メールを打つときなど、とても役に立ちます。

充電式でなく、電池を入れる必要があるので、その手間さえなければ最高です。少し反応が遅い時もありますが値段を考えると許容範囲内です。

高機能のものではありませんが、軽くて文字も打ちやすいですし、十分に使えるものだと思います。

キーボードにかな文字表記がありませんので、かな入力メインの人にはおすすめできません。

Anker AK-A7726121

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト

このキーボードの一番にいいところは数多くあるキーボードの中でも特にコンパクトということです。

これまで多くのキーボードを使ってきましたが、これが一番にコンパクトで使いやすいと感じました。

ほかにもコンパクトなキーボードといえばたくさんあるかもしれませんが、コンパクト過ぎると入力しているときに両手がくっついてしまうため、入力しづらいと感じてしまうことが何度もありました。

このキーボードならほどよくコンパクトで、入力しているときに両手がくっついてしまうということもないのでおすすめです。

FILCO FKBE109/JBT

FILCO Excellio BT 日本語109配列 Bluetooth3.0接続 Windows 8対応 パンタグラフ式キーボード マルチペアリング4台対応(ワンタッチ式) ブラック FKBE109/JBT

デスクトップPCを使用していますが、机の上のケーブル処理に困って、思い切ってBluetoothキーボードに変えてみることにしました。
心配したのは電池切れと電波の感度でしたが、電池は充電池を使って二ヶ月毎に充電するくらいで、感度についてもPCから1mくらいまでは問題なく使えます。

キーボードを変える上で一番悩んだのは、キーのタッチで、これはノートPC並みにストロークが短いのですが、個人的にこれくらいが一番使いやすかったです。

ノートPCのタッチを求めてBluetoothを探している方にはぴったりです。

ロジクール K480

Logicool ロジクール Bluetooth マルチデバイス キーボード (Windows、Mac、Android、iOS対応) K480 ブラック

このキーボードはほかのキーボードにはない最大の魅力があります。

それはスマートフォンやタブレットを立てることができることです。

これらの媒体とキーボードを一緒に使おうとすると、別々に分けて使わなければいけないですが、この商品を使うことで別々にわかれる必要がないため、机のスペースを取ってしまうということがありません。

またデバイスを立てれる角度についてもちょうどいいため、見にくいということもなく快適に入力することが可能です。

さいごに

Bluetoothキーボードを使う際には、使用する機器に対応しているか必ず確認しましょう。

買ったけど使えない!なんてことはないとは思いますが、機器への動作保証がとられていなければ、思わぬ動作不良に繋がることもあります。

また、対応するBluetoothのバージョンによっては、混線や接続不可などのトラブルもございますので、十分にご注意ください。

スポンサーリンク