中古パソコンって本当に使えるの?

パソコンを購入するときに、中古パソコンを購入してみようと思ったことはないでしょうか?

中古パソコンといえば何かと不安があるかと思います。その中でも一番の不安といえば故障しないかという点です。

いくら安いからといってもすぐ壊れてしまっては意味がありません。しかしながら実際に購入して壊れずに使えるパソコンもいくつもあります。

そんな中古パソコンについて使用用途や中古パソコンを購入した方がよい理由などをご紹介しようと思います。是非ご参考になれば幸いです。

中古パソコンってなぜ安いのか

そもそも中古パソコンってなぜあんなに安いのかって疑問に思ったことはないでしょうか?

仮に個人で中古パソコンを販売しようと思ってもあそこまで安くすることはなかなかできないと気づくことでしょう。安さの理由はずばり、不用品回収にあります。中古パソコンというと大型ゴミにするとお金がかかるし、使えない状態でずっと家に置いてあっても邪魔になるので持ち主にとっては、早く、面倒なく、そしてなにより無料で処分したいと思っていると思います。

そこに目をつけた業者が、住宅街を軽トラックで周り不要になったパソコンを回収して回るのです。もちろん回収代金は無料です。

パソコンだけではなく電化製品なんかも同じような要領で回収して回っています。使えなくなったパソコンなんかそもそも回収しても意味ないんじゃないかと思うかもしれませんが、実はそうでもないようです。パソコンって故障原因は様々で、素人の方には、どこまで重症に壊れているかというのは判断できかねると思います。

実際に回収してみると、ただパソコンが重くなって動かないだけで機械自体は全くの無傷で問題ないというケースは多いとおもいます。私も実際にパソコンを分解して組み立ててみたことがあるのですが、一見とても難しく、マニアの人しかできないんじゃないかと思われがちですが、ケースを開けてみると、構成されているパーツは結構単純で、ケースの型にただはめ込んで、メモリを差し込んで、グラフィックボードを差し込んでと、まるでレゴブロックを組み立てるような感覚でできてしまうのです。

そのため、中古パソコンを回収してもただパソコンケースを開き、中のパーツを一つずつ取り出すだけで簡単に部品回収などもできてしまいます。

業者の方はこういった作業で、使えるパーツを集め、回収したときにホコリをかぶっていたような古くなったケースだけを交換してまるで新品のような商品に変身させてしまうことができるのです。

賢い中古パソコンの選び方

中古パソコンが安いのはわかったけど、安いのは安いなりに性能が落ちるし一体どういうパソコンを選べばよいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

実際に私も以前に中古パソコンを購入して、使わなくなったというケースはよくあります。
いくら安く買ったからといって、使わなくなるのはもったいないです。せっかくなら使用目的を明確にしてから購入することをおすすめします。

2台目のパソコンとして購入するのは最適ではないでしょうか。家に2台もパソコンはいらないのではないかと思う方もいるかと思いますが、あったらあったで困らないのがパソコンだと思います。例えば普段作業するパソコンデスクにはデスクトップパソコンがあって、これは仕事や作業用と決まっていて、たまに動画をみるようなパソコンはノートPCだったり、持ち運べるような大きさがよかったりします。

タブレットもいいのですが、映画もみるけど、例えば文章を書きたくなった時にキーボードが付いていないと不便だったりするので、ノートPCがよかったりします。

一軒家に住んでいる場合などは、リビング用に一つパソコンがあると便利だったりするので、置いておくとよいかもしれません。中古のノートPCはかなり安いので、ただ映画をみたりちょっとした文章を書きたいくらいだったら全然中古PCを使って問題ないでしょう。

最後に

中古パソコンを購入には何かと不安があったかもしれませんが、使用目的が2台目として購入するならむしろお得な買い物といえるのではないでしょうか?

また、普段はマックを使っているけれど、Windowsでしか動かないソフトを試したいときや、普段使っているパソコンが急に壊れてしまった時ようの保険として持っておいたり、データ保存用、家族用と使用目的を分けるために使ったり。特に仕事でパソコンを使っていて、家族にたまにパソコンを貸している方なんかには特におすすめです。

家族を信頼していないわけではないのですが、もし仕事の大事な書類を消してしまったり、パソコンが重くなってしまったら支障がでるので、こういった事の対策として持っておいた方がよいでしょう。