【2019年春最新版】初めてBTOパソコンを買うならおススメのBTOパソコンショップランキング

2019年3月24日

この記事ではBTOパソコンを販売するメーカーショップをランキングにしました!

BTOパソコンの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

BTOってそもそもなに?

BTOパソコンとはBuild to Orderの略で、ユーザーが希望するパーツを組み合わせ、組み上げた状態で納品する、オーダー販売のことを指します。

最新の3Dゲーム用のハイスペックなPCや、動画のエンコードに使用するPC、ビジネス用のOffice向けPC、最近話題の人工知能や機械学習などの演算に使用するPCなど様々な用途に合わせたパソコンのカスタマイズが可能です。

 

BTOパソコンを選ぶ理由

BTOパソコンは、メーカー製の完成品とは違い、ユーザーが必要としている機能のみを特化させることができます。

メーカー製の場合はパソコン自体のデザイン性などが高く、かっこよくておしゃれなものが多いですが、細かいスペックなどにおいて融通がききませんので、特化した機能が欲しいという場合は、メーカー製のパソコンはおすすめできません。

メーカー製と対極にあるのが自作パソコンになりますが、自作する場合は全てのパーツを自分で選ぶ必要があり、それなりのパソコンパーツへの理解と知識が必要になります。

BTOパソコンの場合は、メーカーが基本的なパッケージを用意しているので、パッケージにユーザーが必要としている機能を付け足したり、アップグレードさせたりすることができます。

自作する場合と比較してハードルが大きく下がるので、お手軽に自分の用途にあったパソコンを手に入れることができますよ。

 

BTOパソコンを選ぶコツ

BTO初心者の方はまず自分がなんのためにパソコンを買うのかを明確にしましょう。パソコンを買う目的が決まると、パソコンに必要なスペックが見えてきます。

例えば、ゲームであれば、遊びたいゲームの公式サイトを見に行くと、最低動作環境や推奨動作環境などが載っています。

自分の予算と必要なスペックを照らし合わせ、自分の求めているスペックに近いパッケージを選んで、足りていない部分など付け足してカスタマイズしていけば、理想のスペックに辿りつくことが出来ます。

それさえわかれば後は購入するショップを選ぶだけです。

 

【2019年春最新】初めてBTOパソコンを買うならおススメのBTOパソコンショップランキング

1位 ドスパラ




ドスパラの最大のメリットはパッケージのラインナップの豊富さにあるでしょう。

人気のゲーミングPC「ガレリア」も豊富なラインナップで人気のゲームに特化したスペックモデルも販売されています。

また、発注から納品までが非常に早く、最短で翌日到着となっています。「パソコンが故障してしまったので新しいパソコンが早く欲しい」というかたには非常に嬉しいですね!
保証も充実しており、追加費用は必要になりますが、最大3年までの保証が受けられます。

万が一、パソコンが故障してしまってもドスパラは全国に実店舗があり、持ち込み修理も可能です。実店舗がある、というのはユーザー視点からみて嬉しいですね。
BTOパソコン以外のパーツなどの品揃えも豊富なのでも魅力です。

2位 マウスコンピューター



マウスコンピューターに関しては、乃木坂46が出演するテレビCMでお馴染みなので、ご存知の方も多いかもしれません。

マウスコンピューターの最大の特徴は価格の安さでしょう。ですが、「価格だけ安くても性能やトラブルが心配…」という方もいらっしゃるかと思います。

マウスコンピューターは「Microsoft Partner Program Gold OEM」を取得しており、Microsoftからきちんとした製品を作る会社として、正式なパートナーとして認められているので安心できます。
また、万が一トラブルが発生した場合でも24時間365日の電話サポートを受けられるので安心ですね。

ゲーミング用の「G-tune」、クリエイター向けの「DAIV」などのブランドがあるため様々な用途でPCをカスタマイズできるのも嬉しいところです。

3位 FRONTIER



FRONTIERのパソコンの特徴はセール時に価格が大幅に下がるという点でしょう。

時々セールを開催する時があるので、急いでパソコンを購入したいという方でなければ、セールのタイミングを待てば安く買うことができるでしょう。

他の2社と比べるとカスタマイズの幅は少なくなりますが、その分パッケージの種類は多く、それほど困ることはないですよ。

BTO初心者からすると、選べる選択肢が多すぎない方が選び易いという見方もできるかと思います。
万が一の修理受付サポートについても、年末年始と指定休日以外の9:00〜18:00の間に対応しているので安心です。

BTOの場合、パソコン内部の配線などの取り回しで冷却性能が変わったりするのですが、FRONTIERの場合、配線の取り回しなども評価が高く、価格やスペックだけでは見られない部分にも気を使っている点もおすすめできます。

 

さいごに

メーカー製のPCとは違い、自分でパーツを選ぶということができるので、購入してパソコンが動作した時の感動はメーカー製では味わえないところです。

この記事を読んでいただいた方が、素敵なBTOパソコンに出会えれば幸いです。